2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パネル展に行きました。

今日は、昨日お知らせした、パネル展に

DSCF3299.jpg 

行って来ました。

DSCF3284.jpg 

どうぶつたちへのレクイエムの

写真展示があります。

DSCF3287.jpg 

この文字のように、この仔たちは殺処分された仔たちです。

 DSCF3292.jpg

他にも、野良猫の写真など展示されています。

地球生物会議「ALIVE」のパネル展示も撮りましたが

こちらは実際に見たほうがいいかと思いこのブログでは

載せません。

見る前は泣いてしまうのではないかと、ハンカチを持って

行ったのですが、実際に見ると可哀想という気持ちより

なにか、身勝手な人間に対する怒りを感じました。

この展示をしている場所は大きな公園の側です。

外に出ると、

DSCF3295.jpg 

家族連れが沢山、遊んでました。

歓声が会場にも聞こえます。

でも、展示には気づかないようで

会場に人は、あまりいません・・

子供さんにはショッキングな写真もありますが

子供さんにぜひ見て欲しいと思いました。

色々、書きたいこともあるのですが

まとまりきらないので、これくらいにします。

うちに帰ると、

DSCF3310.jpg 

      すぴ~

あとむがスヤスヤと寝てます。

色々考えさせられる、一日でした。

なお、この展示、明日もあるので

『動物を捨てないで!』
写真パネル展
5/23(土)24(日)
10時~16時

松阪市文化財センター ギャラリー3
※入場無料

DSCF3188.jpg 

             みんな見てね!

スポンサーサイト
[ 2009/05/23 ] その他 | TB(0) | CM(10)

近くでこのようなパネル展などがあれば
私も子供達にも見せたいと思います。

動物の命、人間の命、花や鳥もみんな同じ命。
小さくても同じ重みのある大切な命なんだよ。と・・

こんな世の中だからぜひ見せたいです。

[ 2009/05/24 14:04 ] [ 編集 ]

熊本市では、地元アーティストが集まって、愛護センターの犬猫をテーマに美術展をしたり、チャリティーコンサートをひらいたりして収益金を寄付してるようです。他にTVで愛護センターの様子を放映したり、いろいろやってるいますが、連れ込まれる子の数は減りません・・・悲しい現実です。
そうそう、熊本市では犬猫を売るペットショップが減りつつあります。
人間って命の大切さを言うわりに、弱い動物の命に関して残酷ですよね。

私もこの手は怒りの方が込み上げてきて、怒りの持って行き場がなくなるんですよね。
私にいま出来ることは何だろう?と考えてしまいます。
できれば保護シェルター作りたいですね。
[ 2009/05/24 18:35 ] [ 編集 ]

このパネル展だったのですね。
私も以前、うちの町で児玉小枝さんのパネル展を見に行きました。なんとも考えさせられる写真、内容でした。
どうしても、色んな辛い現実から目をそらしたくなりますが、この子たちが生きた証、苦しい最後を知らなければいけないことなのだと思います。
たくさんの子たちがこの子たちのような思いをしているのが現状ですね。。身勝手な飼い主が減ってほしいです、本当に。。。
[ 2009/05/25 20:35 ] [ 編集 ]

私は、辛くて見れなさそうな気がします・・・・・・。
どうしても助けられない場合、見ないふりをしてしまうかも・・・・。
そのにゃんこやわんこが、死にそうだと、連れてきちゃうかもしれませんが、元気になったら、飼えないから苦労しそうです。

多くに人に、現実は知ってもらいたいですよね。
[ 2009/05/25 20:47 ] [ 編集 ]

蕗ママさんへ

このパネル展、ブログで紹介されなければ
知りませんでした。
近くで遊んでる家族連れがパネル展に気づかず
楽しそうにしてる姿が対照的に思いました。

自分達も、あとむが来るまでよく知らない世界でしたから、
こういう機会はもっとあってもいいと思いますね。
[ 2009/05/25 20:56 ] [ 編集 ]

YUKAさんへ

熊本県では、ペットショップが減っているのですか
こちらでは、そういう事はないですね
人の命は大切ってある意味、
上から目線なのかもしれませんね

自分にも今出来る事・・今は何も出来てませんね
保護活動をしている方々には本当に頭が下がる思いです。
[ 2009/05/25 21:03 ] [ 編集 ]

yukkyさんへ

こういう現実を見る機会が、余りありませんよね
殺処分などの問題はTVでは、やっても深夜の
子供などが見れない時間帯にひっそりと、とかですし・・
子供からこういう教育をするべきなのでは?
と思います。
あとむと関わらなければ、こういう現実を知るのが
遅かったと思います。もしかしたら全然知らずに
暮らしていたかも知れません。
[ 2009/05/25 21:10 ] [ 編集 ]

ジュニ18さんへ

自分も、いざ助けられるのかというと
そうではありません。
でも知る事は大切だと思いますよ
その写真展では、殺処分された後の写真も
ありました。これが現実なのだと思いました。

[ 2009/05/25 21:18 ] [ 編集 ]

本当です!本当ですね!
人間って とても優しい反面とても残酷。
好きなもの(人)には、優しい気持ちでいれるのに 嫌いなもの(人)には とことん攻撃する…。どちらも併せ持っている生き物と 思っています。

だから 答えがみつからない問題なんでしょうね。

自分にできる 善意を進んでする人たちは素敵です!
このブログで 知れて良かったです。
かわいそうな事に 目を背けてばかりいては、駄目なんですね…。
[ 2009/05/26 17:03 ] [ 編集 ]

ruruさんへ

マっこう妻です。
そうですね、人間ほど残酷な生き物はいないのでは・・・と、思う事が有ります。

私は、今の大人は人の意見を聞き入れる事の出来ない人が多く
なってたように思います。(お年よりも含めて)
それと、このような活動を知る機会が少ないような気がします。
だからペットショップで犬猫を買う人が多いのでしょうね・・・
私達も、あとむの事が無ければ知らずにいたかも知れません。
子供って素直だから、きっとこのような授業を受ければどんどん
広がっていくと思います。  
きっと命の大切さを実感できると思います。
すでに、実行している学校もあると聞いています。  
保険所の獣医さんが学校に出向いて授業をするようです。

私達も考えさせられる事が多かったのですが、見ておいて良かったと思っています。
どうぶつたちへのレクイエムの写真展示会は、全国で開催されているようです、ホームページで開催日時など見れますよ。
近くで有るようでしたら、是非見てみてくださいね。
[ 2009/05/28 18:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komatom.blog98.fc2.com/tb.php/165-4220d7b4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。